森林情報学研究室


 京都大学森林情報学研究室へようこそ!

News

2018-11 当研究室から、性淘汰に関する論文が公表されました。
Kazuya Kobayashi (2018) Sexual harassment sustains biodiversity via producing negative density-dependent population growth
2018-8 当研究室から、火山灰の風化に関する論文が公表されました。
Ryunosuke Tateno, Chikae Tatsumi, Masataka Nakayama, Koichi Takahashi, Doraf Kerfahi, Jonathan Adams (2018) Temperature effects on the first three years of soil ecosystem development on volcanic ash
2018-3 当研究室の岩岡史恵(D2)・舘野隆之輔(准教授)
第65回日本生態学会大会において英語口頭発表優秀賞を受賞しました。
発表タイトル: Soil microbial communities associated with each step in nitrogen transformation along a rainfall gradient in semiarid forests
2018-3 当研究室から根の滲出物に関する論文が公表されました。
Masataka Nakayama, Ryunosuke Tateno (2018) Solar radiation strongly influence tree root exudates. Trees
2017 当研究室の小林 和也(講師)
2017年度 個体群生態学会奨励賞
を受賞しました。
研究テーマ: Sex as a maintenance of mechanism of biodiversity
2017-10 当研究室から、土壌微生物動態と物質循環に関する論文が公表されました。
Chikae Iwaoka, Shogo Imada, Takeshi Taniguchi, Sheng Du, Norikazu Yamashita, Ryunosuke Tateno (2017) The impacts of soil fertility and salinity on soil nitrogen dynamics mediated by the soil microbial community beneath the halophytic shrub tamarisk. Microbial Ecology
2017-08 当研究室から、斜面位置と物質循環に関する論文が公表されました。
Ryunosuke Tateno, Takeshi Taniguchi, Jian Zhang, Wei-Yu Shi, Jian-Guo Zhang, Sheng Du, Norikazu Yamashita (2017) Net primary production, nitrogen cycling, biomass allocation, and resource use efficiency along a topographical soil water and nitrogen gradient in a semi-arid forest near an arid boundary. Plant and Soil
2017-07 当研究室の舘野 隆之輔(准教授)
平成29年度 JSPS ひらめき☆ときめきサイエンス推進賞
を受賞しました。
2017-03 第64回日本生態学会大会ポスター発表において
岩岡 史恵(M2)ポスター賞を受賞しました。
発表タイトル
「半乾燥地の森林土壌における真菌・原核生物機能群組成と窒素動態」
2017-03 当研究室から、性比と生物多様性に関する論文が公表されました。
Kazuya Kobayashi(2017) Sex allocation promotes the stable co-occurrence of competitive species. Scientific reports
2016-12 平成28年度鳥取大学乾燥地研究センター共同研究発表会において
岩岡 史恵(M2)乾燥地科学共同研究発表賞を受賞しました。
発表タイトル
「黄土高原の半乾燥林における優先樹種の菌根タイプの違いが窒素循環に与える影響」